年長 YOSAKOIソーラン

大きい組になってやりたいことの一つに、踊り「YOSAKOIソーラン」があります。

附属幼稚園の伝統で、毎年、年長児が踊る姿に憧れをもっていました。

だからこそ、自分たちも早く踊りたいという気持ちも受け継がれています。

 

さて、「YOSAKOIソーラン」とは、、、

北海道のソーラン節と高知県YOSAKOI踊りを融合したもので、ソーラン節のフレーズを入れた曲に合わせて鳴子を持って踊ることと決められています。北海道札幌市が発祥ですが、広めようと「にっぽんど真ん中祭り」でも愛知県名古屋市を中心に、たくさんの方が楽しんでいます。

 

幼稚園では、この「YOSAKOIソーラン」を気持ちを込めて踊ることを伝えながら取り組んでいますよ😊

まずは、鳴子を持たないで覚えていきます。

今後、上手に踊れるようになったら鳴子が持てるようになります。


f:id:shigakkan-u-k:20210626232625j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210626232618j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210626232621j:image

動き一つひとつを、どうやったらかっこよく見えるかを伝えています。

しかし、やはり動きがよいだけではダメなのです。そこに「かっこよく踊りたい!」「一生懸命にやる!」という気持ちをプラスして踊ることで顔つきも真剣になってきます。


f:id:shigakkan-u-k:20210626232657j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210626232701j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210717091741j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210717091737j:image


みんなで踊ったり、男女交代で踊り、友だちが踊っている姿のいいところ探しもします。

見ることで自分たちの踊りも上手くなっていきました。


f:id:shigakkan-u-k:20210715213217j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210715213221j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210715231515j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210715231508j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210715231511j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210717091800j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210717091757j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210717091813j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210717091816j:image




足をたくさん広げて「ひざをしっかり曲げる」(腰を落とす)、「ひじは、しっかり伸ばす」とかっこいいです‼️

ポイント①手を横に、足をしっかり広げて腰を落とします。このときに、膝を90度まで曲げます。

f:id:shigakkan-u-k:20210716194024j:image

 

ポイント②「それ!それ!それ!それ!」と言いながら、下の手は、肘をしっかり伸ばして、あげた足はおしりにつくようにします。


f:id:shigakkan-u-k:20210716195010j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210716195014j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210716195006j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210716195003j:image

 

ポイント③バッテン「ハッ!」バッテン「ハッ!」とハッのときにしっかり肘は伸ばして、前に出た足の膝はしっかり曲げます。


f:id:shigakkan-u-k:20210716210513j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210716210505j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210716210517j:image

f:id:shigakkan-u-k:20210716210510j:image

 

子どもたちは、YOSAKOIソーランをやるのが楽しいようです。

ぜひ夏休みもおうちでやってみてください😊

 

記事:戸瀬